選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ健康・医療・福祉保健衛生・医療保健衛生・医療に関するお知らせ「脳脊髄液減少症」について
親情報へ 
2015年2月23日 更新
印刷用ページを開く
「脳脊髄液減少症」について
脳脊髄液減少症とは
 
交通事故、スポーツ外傷、落下事故等、頭部や全身への強い衝撃を受けたことなどが原因で、
脳脊髄液(髄液)が慢性的に漏れ続け髄液が減るために大脳や小脳が下がり、脳と頭蓋骨を
繋いでいる神経や血管が引っ張られ脳の機能が低下するために、頭痛、めまい、吐き気、
思考力低下、極端な倦怠感等さまざまな症状が複合的に現れる病気です。
 
 現在、国の研究班によって「脳脊髄液減少症」の実態解明、治療法、診断基準の確立に向けた研究が行われていますが、
診断・治療できる病院を探すことが大変困難な状況です。
 
 埼玉県では県内の対応可能な病院の調査を行い、県公式ホームページで公開しています。
 
 
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※「用語解説」についてのお問い合わせ先

保健センター
〒355-0356 埼玉県比企郡ときがわ町大字関堀151番地1
Tel: 0493-65-1010  Fax: 0493-65-1525
E-Mail: こちらから