選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ町情報町からのお知らせ熱中症から高齢者の生命を守る活動のおねがい
 
2018年7月25日 更新
印刷用ページを開く
熱中症から高齢者の生命を守る活動のおねがい
 平成30年7月23日に、熊谷市で41.1°Cを観測、国内観測史上最高を記録しました。
 埼玉県内において、同日は熱中症の疑いで秩父市の男性(90)、久喜市の女性(85)、朝霞市の女性(72)の3人が死亡しました。

 いずれも深夜から朝にかけての通報であることから、就寝中に熱中症を発症した可能性があります。

 ご家族、ご近所の高齢者に「熱中症予防5つのポイント」の周知と、普段に増しての気配り、声掛けの強化をいただき、熱中症から高齢者の生命を守る活動についてご協力をお願いします。



○7月23日23時発表 県政ニュースより

(1) 秩父市消防本部からの搬送報告
1 傷病者(死亡者)
 秩父市在住 男性 90歳
2 覚知時刻(入電時刻)
 7月23日(月曜日)1時24分
3 概要
 自宅室内で意識がないという家族からの救急通報により出動。医療機関に搬送したが、2時15分、熱中症の疑いによる死亡と診断されたもの。

(2) 埼玉東部消防組合消防局からの搬送報告
1 傷病者(死亡者)
 久喜市在住 女性 85歳
2 覚知時刻(入電時刻)
 7月23日(月曜日)8時44分
3 概要
 自宅室内で反応がないという孫からの救急通報により出動。医療機関に搬送したが、9時58分、熱中症の疑いによる死亡と診断されたもの。

(3) 埼玉県南西部消防本部からの搬送報告
1 傷病者(死亡者)
 朝霞市在住 女性 72歳
2 覚知時刻(入電時刻)
 7月23日(月曜日)9時22分
3 概要
 自宅室内で反応がないという夫からの救急通報により出動。医療機関に搬送したが、10時18分、熱中症の疑いによる死亡と診断されたもの。


【熱中症予防 5つのポイント】
1 高齢者は上手にエアコンを
 高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。節電中でも上手にエアコンを使っていきましょう。

2 暑くなる日は要注意
 猛暑の時は、エアコンの効いた室内など、早めに涼しいところへ避難しましょう。

3 水分をこまめに補給
 高齢者は暑さや喉の渇きを感じにくい傾向があります。こまめに水分補給をしましょう。寝る前も忘れずに!

4 「おかしい!?」と思ったら病院へ
 熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。
 「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

5 周りの人にも気配りを
 自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調も気を配りましょう。

夜寝るときにも注意を!!
 
本文終わり
ページのトップへ
福祉課
〒355-0395 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地
Tel: 0493-65-0813  Fax: 0493-65-3796
E-Mail: こちらから