選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ教育・生涯学習木の学校・木の学校づくりときがわ方式とは
 
2010年6月27日 更新
印刷用ページを開く

木の学校つくりというと
柱、外壁、床、天井など全てを
木で建替えるといった
工事が行われがちですが・・・

ときがわ町では
老朽化した公共施設について
建替えではなく
耐震改修+内装木質化」の
ときがわ方式により
改修が実施されています
老朽化した校舎を
新築同様によみがえらせます


校舎を新しく建て替えるには
長い工事期間と莫大な経費を
必要とし、児童・生徒達はそ
の間、仮の校舎で学校生活を
おくらなければなりません

ときがわ方式では
夏休み期間中の40日という
短い期間で施工が可能、
経費も建替えの約1/10で
行うことができます

都幾川中学校
工事費  99,435千円
延床面積 2,995m2
木材使用量 61m3
工事期間 H21,7〜H21,8


文部科学省・農林水産省発行の

「こうやって作る 木の学校
 〜木材利用の進め方のポイント、工夫事例〜」

の中で、木材を利用する学校づくりの進め方の取り組み事例として、地域産材による教育環境の整備が「ときがわ方式」として紹介されました。

このページの内容は、この紹介記事を元に作成されています。
本文終わり
ページのトップへ
企画財政課HP担当
〒355-0395 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地
Tel: 0493-65-0404  Fax: 0493-65-3631
E-Mail: こちらから