選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ教育・生涯学習木の学校・木の学校づくり木造校舎と鉄筋コンクリート造校舎の温熱環境の比較
 
2010年6月29日 更新
印刷用ページを開く
 秋田県能代市では、平成6年度以降、市内の小 中学校の建て替え工事をすべて木造で行っており、 現在(平成 22 年3月)も2校の木造校舎の建設が 進められている。ここでは平成 17 年度より市内の 小中学校の教室内の環境(温熱環境、空気環境) を測定してきた結果を紹介する。

 図1は、冬期の新しい木造校舎(NW-1:1995 年 竣工、NW-2:2003 年竣工)、古い木造校舎(OW-1: 1957 年竣工)及び RC 造校舎(RC-1:1970 年竣工、 RC-2:1981 年竣工)の温熱環境を示している。床 上 1,000mm(椅子着席時の頭の位置)の教室内の 温度分布(日内変動)は新しい木造校舎のほう が小さく安定した温熱環境であることが分かる。
図1 校舎の構造別の教室内の温度と上下温度差の分布
 また、上下温度差(床上 1,000mm と床上 100mm(椅子着席時のくるぶしの位置)の温度差)を見ると、 新しい木造校舎のほうがその差は小さい。このた め、新しい木造校舎では底冷えを感じることが少 なく、ISO7730 にある快適な温度差とされる3°C 以内にほぼ近い快適な温熱環境であることが分か った。

   
図2は、冬期の教室内の平均二酸化炭素濃度を 示している。新しい木造校舎は、強制的な換気を しなくても教室内の平均二酸化炭素濃度が、 1,500ppm 以下という学校環境衛生の基準を十分 満たしていた。この結果は、特に能代市のような 寒冷地においては、窓開けなどによる温熱環境の 悪化を防ぐことができるという木造校舎の優位性 を示している。
(木村彰孝、小林大介、飯島康男:教室内の環境が子どもにもたらす影響に関する研究 その2 能代市内小学校における冬期の温熱環境と子どもの評価・日本建築学会学術講演梗概集(関東)、2009)
図2 冬期の教室内の平均二酸化炭素濃度
(木質内装で快適な生活を・文部科学省 都市エリア産学官連携促進事業(米代川流域エリア)、2009)
  


文部科学省・農林水産省発行の

「こうやって作る 木の学校
 〜木材利用の進め方のポイント、工夫事例〜」

の中で、木材を利用する学校づくりの進め方の取り組み事例として、地域産材による教育環境の整備が「ときがわ方式」として紹介されました。

このページの内容は、この紹介記事を元に作成されています。
本文終わり
ページのトップへ
企画財政課HP担当
〒355-0395 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地
Tel: 0493-65-0404  Fax: 0493-65-3631
E-Mail: こちらから