選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ教育・生涯学習木の学校・木の学校づくり木製家具の健康への効果
 
2010年6月29日 更新
印刷用ページを開く
図1は、熊本県小国スギ製の机・椅子を使用した際の生徒の欠席数 の月別の推移を示している。「1組」は小国スギ製の机・椅子を、「2組」 は新しく購入した合板天板を用いたスチール製の机・椅子を、「3組」 は従来から利用している合板天板を用いたスチール製の机・椅子を使用 した。
「1組」の欠席数は、他の組にくらべ有意に少ないことが分かる。
図1 小国スギ製の机・椅子の使用と生徒の欠席数
図2 小国スギ製の机・椅子の使用とs-IgA濃度
また図2は、分泌型免疫グロブリンA(s-IgA)の変化である。分泌 型免疫グロブリンAは、粘膜への微生物の侵入を防御しており、この値 の高さは健康状態の指針となる。小国スギ製机・椅子の設置前には、各 組の s-IgA に有意な差はなかったが、設置後は小国スギ製机・椅子を使 用した「1組」の s-IgA 濃度が有意に高い結果となった。
以上より、学校家具に木材を積極的に使用することにより「健康」 に良い影響を及ぼしている傾向が示された


文部科学省・農林水産省発行の

「こうやって作る 木の学校
 〜木材利用の進め方のポイント、工夫事例〜」

の中で、木材を利用する学校づくりの進め方の取り組み事例として、地域産材による教育環境の整備が「ときがわ方式」として紹介されました。

このページの内容は、この紹介記事を元に作成されています。
本文終わり
ページのトップへ
企画財政課HP担当
〒355-0395 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地
Tel: 0493-65-0404  Fax: 0493-65-3631
E-Mail: こちらから