選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップもしものときのために放射性物質の影響について加工食品放射能検査結果
 
2012年9月11日 更新
印刷用ページを開く
加工食品放射能検査結果
ときがわ町の結果 (単位 ベクレル/kg)
 【平成24年8月20日調査】(埼玉県による調査)                         
※分析機関:埼玉県衛生研究所                                    判明日:平成24年8月20日                  
品目 放射性物質の濃度(Bq/Kg) 
検体数
摘要
セシウム
134
セシウム
137
放射性セシウム計
(放射性セシウム134+137)
豆腐
検出限界値未満
(5.5〜5.8未満)
検出限界値未満
(4.8〜5.4未満)
 
 ※基準値(一般食品) 500Bq/kg・・・(注)大豆を原材料に製造・加工、輸入された食品は、平成24年12月31日までの経過措置(暫定基準値500Bq/kg)が適用されます。
 
 
平成24年4月から、食品中の放射性セシウムについて「暫定規制値」から新たに「基準値」になりました
 
◆新しい「放射性セシウムの基準値」
食品群 基準値
飲料水 10
牛乳 50
乳児用食品 50
一般食品 100
※放射性セシウムの合計の数値です。
※準備期間が必要な米・牛肉は6ヶ月、大豆は9ヶ月の猶予があります。
※乾燥キノコ乾燥海藻類など:原材料である生キノコと、乾燥キノコを水で戻して食べる状態にしたものに、一般食品の基
 準100ベクレル/kgを適用します。
※茶:飲む状態で飲料水の基準値10ベクレル/kgを適用します。
 (発酵して作った紅茶、烏龍茶などは一般食品の基準値100ベクレル/kgを適用)
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
 
戻る
本文終わり
ページのトップへ
産業観光課
〒355-0396 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地
Tel: 0493-65-1532  Fax: 0493-65-3629
E-Mail: こちらから