選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ町情報町からのお知らせ地域おこし協力隊を募集します!【鳥獣被害対策型隊員】
 
2019年8月29日 更新
印刷用ページを開く
地域おこし協力隊を募集します!【鳥獣被害対策型隊員】

 ときがわ町は首都圏の北西約60q、埼玉県のほぼ中央に位置しています。町の西端に連なる奥武蔵の山々を源とする清流が、美しい景観の中を流れ下る豊かな自然環境に恵まれた中山間地域です。

 しかし近年、野生鳥獣による農作物被害(獣害)が町内全域で発生すると同時に、被害対策の原動力として活動してきた狩猟免許所持者の高齢化が進んでおり、獣害を食い止める人材の減少が憂慮されています。獣害は営農意欲の減退からの耕作放棄・離農増加を招くだけでなく、森林荒廃による土壌流出や車両との衝突事故など、様々な被害を及ぼしています。

 こうした状況に対応するため、町では今年4月から「地域おこし協力隊」の隊員1名を獣害対策の担い手として委嘱し、狩猟技術や地域特性の習得に取り組んでいます。今後は将来的な起業のための捕獲鳥獣の食肉利活用の調査研究も進める予定で、パートナーとして鳥獣被害対策に取り組む隊員を募集します。
雇用関係の有無
あり
業務概要
 委嘱期間中、町の臨時職員として有害鳥獣捕獲の業務等に従事しながら地域特性を学び、経験豊富な猟友会メンバーから狩猟技術の手ほどきを受けます。同時に、捕獲鳥獣の食肉利活用を図るため、野生鳥獣肉の加工や販売などについて調査研究を行います。委嘱期間後は引き続きときがわ町に定住して、鳥獣被害対策の担い手としての活動を期待します。
 
【想定される業務内容】 
 ・鳥獣の捕獲・追い払い業務
 ・鳥獣被害調査及び生息調査
 ・鳥獣侵入防止対策の相談、指導
 ・捕獲した鳥獣の利活用に関する活動
 ・鳥獣害対策の担い手の確保に関する活動
 ・インターネットにおけるSNS、動画等の媒体を活用した情報発信
 ・その他町長が必要と認める活動
 
 捕獲の現場では鳥獣の命をいただくとともに、解体作業を行うことになります。また、決められた時間以外に業務が発生することも予想されることから、精神的、肉体的な強さが求められる面もあります。
募集対象
@年齢
 満20歳から45歳まで(ただし、業務遂行上有益な知見を有すると認められる場合はこの限りではありません。)
A居住地要件
 3大都市圏をはじめとする都市地域等から生活の拠点を移し、ときがわ町内に住民票を異動させる方。
 ただし、地域おこし協力隊員として委嘱を受ける前に既に町内に居住している方又は既に住民票の異動を行っている方は、要件を満たさないものとします。(居住地要件について、詳しくはお問い合わせください。)
B令和元年12月1日に隊員として着任できる方
C普通自動車運転免許証を取得し、通勤可能な車両を所有している方
Dパソコン(ワード・エクセル等)の一般的な操作ができる方
E心身ともに健康で、誠実に職務が遂行できる方
F地域になじみ、地域住民と協力しながら地域活動(地域行事・共同作業に取り組むことのできる方
G任期終了後、ときがわ町において起業・定住に意欲がある方
H地方公務員法第16条に該当しない方
※その他参考事項(所持していると有効と思われるもの)
 ・狩猟免許(わな猟、銃猟)
 ・ニホンジカ、イノシシなどの野生鳥獣を解体する技術
募集人数
1名
勤務地
ときがわ町役場(第二庁舎・埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32)及び町内全域
勤務時間
@勤務日
 月曜日から金曜日までの5日間(土・日曜日、祝日に勤務が生じた場合、振替休日の対応とします。)
A勤務時間
 午前8時30分〜午後5時15分(勤務時間は7時間45分とし、早朝などの勤務がある場合には必要に応じて勤務時間を変更します。)
B休日
 土曜日、日曜日及び祝日並びに年末年始及び有休休暇(10日間)
雇用形態・期間
@身分
 ときがわ町の臨時職員に準じた身分となります。
A任期
 採用日から令和2年3月31日まで。
 業務・活動状況を勘案して1年ごとに繰り返し任用し、最長3年(令和4年11月30日まで)活動期間を延長可能。(委嘱予定日:令和元年12月1日)
給与・賃金等
月額 166,000円(家族手当等の各種手当及び賞与の支給なし)
通勤手当及び借家に住まわれる方に住居費用の補助があります。
待遇・福利厚生
・厚生年金・健康保険に加入します。(自己負担分あり)
・活動中の住居は必要に応じて町からご案内します。
・転居費用、生活必需品、光熱水費などの経費は自己負担となります。
・業務に必要な車両は、ときがわ町の公用車を使用します。
申込受付期間
令和元年10月15日(火)まで
申込手続
@応募受付期間
 令和元年10月15日(火)まで
 ・持参または郵送で受け付けます。なお、提出された書類は返却しません。
 ・持参の受付時間は午前8時30分〜午後5時15分(土、日曜日、祝日を除く)。
 ※募集期限までに届くようにご応募ください。
A提出書類
 ・履歴書(市販のもので可。自書のこと。)
 ・住民票
 ・小論文(自筆で地域おこし協力隊に応募するに至った思い、隊員としての活動後の構想等を400字詰め原稿用紙3枚以内に記載してください。)
 
B申込・問い合わせ先
ときがわ町役場産業観光課
〒355-0396 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地
電話:0493-65-1532(産業観光課直通)
Email:sankan@town.tokigawa.lg.jp
審査方法
@第一次選考
 書類審査の上、審査結果を応募者全員に文書で通知します。
A第二次選考
 第一次選考合格者を対象に、ときがわ町において第二次選考(面接審査)を実施します。
 これにともなう交通費は応募者の負担とします。詳細は第一次選考結果を通知する際にお知らせします。
B最終選考結果の報告
 最終選考結果の報告は文書で通知します。
PDFファイルはこちら
(R01_chiikiokoshi_youkou_kai4.pdf: 515k)
本文終わり
ページのトップへ
産業観光課
〒355-0396 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地
Tel: 0493-65-1532  Fax: 0493-65-3629
E-Mail: こちらから