選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
埼玉県ときがわ町
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
Billingual
ENGLISH
Chinese
Korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトの現在位置
トップ緊急情報台風関連情報令和元年台風第19号の被害にあわれた方へ
 
2019年11月8日 更新
印刷用ページを開く
令和元年台風第19号の被害にあわれた方へ
○罹災証明・被災証明・罹災届出証明の発行について

保険金の請求や各種申請に罹災証明が必要なときは、印鑑、写真など被害の状況の分かるものなどを持参のうえ、税務課に申請してください。

※「罹災証明・被災証明・罹災届出証明の発行について」詳細はこちら→direct.aspx

問い合わせ:税務課 電話65−0811


○入浴施設の無料利用について

台風19号の影響によりご自宅が被災し、入浴が困難な方は、「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」と「都幾川四季彩館」が無料でご利用いただけます。また、「おふろcafé bivouac」(熊谷市)、「BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(越生町)もご利用できるようになりました。
必要な方は、罹災証明の申請時にお申し出ください。
 
【期 間】令和元年10月15日(火)〜11月8日(金)
【場 所】「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」(大字玉川3700 電話:0493−65−4977)
    「都幾川四季彩館」(大字別所556−1 電話:0493−65−5515)
    「おふろcafé bivouac」(熊谷市久保島939 電話:048ー533ー2614)
    「BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(越生町越生町上野3083ー1 電話:049ー292ー7889)
【方 法】証明書をお渡ししますので、ご利用時にフロントへご提示ください。
※株式会社温泉道場が経営する、「おふろcafé bivouac」、「BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」は、「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」の証明書をそのまま利用できます。

※「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」、「おふろcafé bivouac」、「BIO-RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」は、平成30年9月28日にときがわ町と株式会社温泉道場が締結した「災害時における入浴機会の提供に関する協定」に基づいて、「都幾川四季彩館」はご厚意によりご協力いただいております。


問い合わせ:総務課 電話65−0401


○浸水被害に対する防疫作業について

保健センターでは、台風による浸水被害を受けた家屋について、消毒用薬剤の配布又は防疫作業を行います。
防疫作業は、浸水に伴う衛生状況の悪化による感染症の発生を予防するために行う消毒作業となります。
対象となる方は、罹災証明の発行を受けた方が対象となります。詳しくは、保健センターまでご連絡ください。

問い合わせ:保健センター 電話65−1010


○各種証明書の手数料免除について

台風19号により被害を受けられた方で、復旧のための諸手続きに必要な場合は、各種証明書の手数料を免除しますので、申請書を提出する際、職員にお申し出ください。

問い合わせ:町民課65ー0812
      税務課65ー0811


○自主避難所について

ときがわ町では、ご希望に応じて玉川公民館を自主避難所として開設します。土砂崩れにより、一部車両の通行が困難な地域がありますので、避難を希望される方はご利用いただけます。また、地盤が緩くなっているため、今後の降雨の状況によっては、土砂崩れが起きる可能性もありますので、危険を感じたら早めに避難してください。

※食料、飲み物、薬、毛布などは各自で持参してください。

問い合わせ:総務課 電話65−0401
本文終わり
ページのトップへ
総務課
〒355-0395 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地
Tel: 0493-65-0401  Fax: 0493-65-3631
E-Mail: こちらから