本文
サイトの現在位置
2021年12月28日 更新
低所得の子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の子育て世帯分)
新型コロナウィルス感染症による影響が長期化し、雇用状況の悪化・食費等の支出が増える中、影響を受けている子育て世帯に対して特別給付金を支給することになりました。既に子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)を受給された方は支給対象外となります。

対象者

次の1、2いずれかに該当する方  
1.令和3年4月分の児童手当・特別児童扶養手当の支給を受けていて、令和3年度の住民税(均等割)が非課税の方(申請不要)  
2.18歳になって最初の3月31日までの児童(一定の障害がある場合は20歳未満)を養育する人で次のいずれかに該当する方(要申請)
 ・令和3年度の住民税(均等割)が非課税の方(例:高校生のみ養育している方)  
 ・新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年1月1日以降の収入が住民税非課税相当になった方
 ※住民税非課税相当になった方とは、令和3年中の収入・所得見込み額が下記の条件に当てはまる方

住民税非課税相当限度額表(家計急変者向け)

申請者の1年間の収入見込額(注記1)が表中の該当する非課税限度額以下の方
注記1:(令和3年1月以降の任意の1ヶ月分の収入)×12ヶ月分
※申請者と配偶者の1年間の収入又は所得見込額を比較し、高い方(申請者)の収入で判定します。
家族構成 非課税限度額(所得ベース) 非課税相当限度額(収入ベース)
父又は母+子1人 82.8万円 137.8万円
夫婦+子1人 110.8万円 168.0万円
夫婦+子2人 138.8万円 209.7万円
夫婦+子3人 166.8万円 249.7万円
夫婦+子4人 194.8万円 289.7万円
夫婦+子5人 222.8万円 329.7万円

支給額

児童一人につき5万円(18歳になって最初の3月31日までの児童が対象。一定の障害がある場合は20歳未満まで)

申請方法

対象者1の方は申請方法不要です。(対象者には6月下旬に通知しています。)
対象者2の方は福祉課に必要書類を添えて申請が必要になります。
※申請書は下記の『PDFファイルはこちら』よりダウンロードしていただくか、福祉課窓口へお越しください。

必要書類

 
1.本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポート等)  
2.通帳、キャッシュカードなど振込先がわかるもの  
3.申請書及び配偶者の給与明細書、年金振込通知書等(申立てを行う収入(所得)額がわかるもの)   
 ※3については新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変し非課税相当の収入額になった方のみ必要と
 なります。
 
4.その他(戸籍謄本又は住民票の写し)   
 ※4については、申請者と児童が別居している場合などに関係性を確認するために提出を求める場合がありますので
 あらかじめご了承ください。

受付期間

令和3年7月26日から令和4年2月28日(土日・祝日、年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時15分まで
※火曜窓口延長時の提出をご希望の場合は福祉課・児童福祉担当までご連絡ください。

その他

給付金に関して、ご不明点等ございましたらリンクはこちらをご覧いただくか、福祉課までお問い合わせください。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
福祉課
説明:■社会福祉担当生活保護、民生委員・児童委員、身体障害者福祉、重度心身障害者福祉、知的障害者福祉、精神障害者福祉、支援費、災害救助、青少年健全育成など■児童福祉担当児童福祉、児童扶養手当、乳幼児医療、子育て支援、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関すること、児童虐待、町立保育園など■高齢者福祉担当老人福祉、介護保険、介護保険料の賦課及び徴収など
住所:355-0395 埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川2490番地
TEL:0493-65-0813
FAX:0493-65-3796