本文
サイトの現在位置
2022年12月16日 更新
令和4年度ときがわ町浄化槽設置管理事業の申請受付は終了しました

※令和4年度ときがわ町浄化槽設置管理事業の申請受付は終了しました。
 ときがわ町では、町内全域を事業対象地域とし浄化槽整備を行うことで、埼玉県で目標としている昭和30年代前半の川の再生を目指しています。この事業は、町が個々の住宅等に浄化槽を設置し管理することにより、清流保全や、衛生的な生活環境を整えることを目的としています。事業の趣旨をご理解いただき、推進にご協力をお願いします。

イラスト「環境省」

事業の特徴

処理の過程 イラスト画像

 浄化槽本体と前後1mの配管部分について、町と指定工事店が契約を結び設置工事を行います。
 設置する浄化槽については、町から支給されます。
 設置後については町が保守点検・清掃業者と委託契約を結び維持管理を行います。
 また、費用負担は従前の個人設置事業に比べ大幅に軽くなります。

設置者負担額


 区     分 分担金の額  月額使用料  随時使用料
法定検査料

保守点検料
清掃費
 専用住宅
(別荘、建売住宅、共同住宅を含む)
   
5人槽 標 準 102,000 円 2,618円(税込)
10人槽以上
については
役場建設環境課まで
お問合せ下さい。
汲み取り汚泥
1m3につき
10,560円(税込)
耐荷重
226,300 円
7人槽 標 準 113,400 円
耐荷重 255,300 円
10人槽 標 準 138,000 円
耐荷重 336,000 円
10人槽超 契約金額の1割
併用住宅・ 事業所等   お問合せください。 
 

設置する高度処理型浄化槽とは

 一般家庭においては、し尿と生活雑排水を併せて1人1日40gの汚濁物質(BOD)を排出していますが、高度処理型浄化槽により、BOD量をわずか20分の1の2gに減少させることが可能です。
 併せて窒素(T‐N)も除去することができます。
 このため、浄化槽設置後は、排水先からの悪臭も激減し、排水管路清掃の負担も軽減されます。

◆汚濁物質の比較(1人当たり)
高度処理型浄化槽(40g) 川への放出 2g
合併処理浄化槽(40g) 川への放出 4g
単独処理浄化槽(40g) 川への放出 32g
汲み取り式便槽(40g) 川への放出 27g

申請の方法

 申請は、指定工事店を通じて必要書類を添付し、建設環境課に提出してください。
 申請に関する書類は、選んだ指定工事店が用意します。
 個人が負担する部分の工事見積りなどを充分ご検討いただき、申請してください。

専用住宅の人槽算定


使用予定
 
世帯人員
建築基準法・町要綱による区分  
延べ床面積
130㎡未満
延べ床面積
130㎡以上
二世帯住宅
(台所・浴室
が2か所)
 4人まで 5人槽  7人槽  10人槽
5人 7人槽  7人槽  10人槽
6人以上 10人槽 10人槽 10人槽

高度処理型浄化槽設置に予想される経費(個人が負担する経費)


トイレ改修費、水道、電気工事費、水洗便器購入費 
トイレ、台所、風呂場から浄化槽まで及び浄化槽からの排水管工事費 
支障物撤去費用
(庭木、既設汲み取り式便槽、既設浄化槽等) 
浄化槽の設置場所に起因して生じる費用
(駐車場等に利用するための造成工事、石積み等)
水洗トイレの水道使用料及びブロワ(送風機)に係る電気使用料
人力、岩掘削、仮設トイレ、放流ポンプ等
清掃、保守点検時にかかる消耗品代(殺虫プレート等)

 
注意事項
  • 原則として建築確認前の申請となります。
  • 新築など建築確認を要するときは、町が指定した浄化槽で申請してください。
    別の機種で建築確認をとられた場合、町指定の機種に変更申請していただくことになります。
  • 分担金の納入については、工事着工日(契約工期)の前日までに指定金融機関(納付書に記載)へお願いします。
  • 町設置浄化槽を撤去する場合は、事前に建設環境課へご相談ください。

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
建設環境課(環境担当)
説明:■環境担当環境衛生、廃棄物の処理及び清掃、犬の登録及び狂犬病予防、公害対策、自然保護、鳥獣の保護及び有害鳥獣の捕獲許可、不法投棄及び埋立の規制、浄化槽の普及・管理、生活排水対策、新エネルギー開発など
住所:355-0396 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地
TEL:0493-65-0814
FAX:0493-65-3109