本文
サイトの現在位置
2017年8月2日 更新
埼玉青なす


「ぶらぶらサタデー」 2014年8月16日(土)放送
「タカトシ温水路線バスの旅埼玉 トロなす 農家めし」

タカアンドトシ、温水陽一、桂文枝師匠が食べた
『埼玉あおなす

販売時期(目安):7月中旬~10月上旬

埼玉青なす 画像
埼玉青なす 調理後 画像

 
  「埼玉青なす(さいたまあおなす)」は、正式名称「埼玉青大丸なす」といい、明治時代に埼玉県に導入され、栽培されてきた、
きんちゃく型で黒紫色にならないなすです。 アントシアン系色素が無いので、果実は緑色です。
 昔は奈良漬け用に経済栽培され、味噌汁や煮物用の食材と重宝されてきました。
果実は鮮緑色、巾着型で、果重は300~450g位と大きめです。
 
果肉がしまり、しっかりとした食感は煮物や焼きなすなどに最適です。また、洋風の料理にもお使いいただけます。
※下記の「おいしいレシピはこちら」をぜひお試しください!
 
  収穫時期は7月中旬~10月上旬です。  

埼玉青なす 画像
埼玉青なす畑 画像
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
産業観光課
説明:■農林担当農林業の総合振興、農業農村整備事業及び土地改良施設、林道の新設改良・管理及び占有、中山間地域の事業促進、有害鳥獣の捕獲及び狩猟、火入れ許可、山村振興計画、町有林及び分収林、農産物・畜産・森林の病害虫防除防疫、緑の雇用創出事業など■商工担当商工業・観光の総合振興、商工観光団体の育成、観光資源の開発、勤労者福祉会館の管理、消費者行政など■地域振興担当建具会館・木のむらキャンプ場・いこいの里・大野特産物販売所・木のむら物産館・やすらぎの家・星と緑の創造センターの管理運営、温泉スタンドの維持管理、その他地域振興に関することなど
住所:355-0396 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地
TEL:0493-65-1532
FAX:0493-65-3629