本文
サイトの現在位置
2021年5月7日 更新
看板

 
 コロナウイルス感染防止対策を実施して営業します。
 検温や手指消毒などにご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

町の観光施設では、新型コロナウイルス感染予防対策を実施しています。
みなさまに安心してご利用いただけるよう、短時間のご利用でもマスクの着用をお願いします。
また、出入口での手指の消毒や、検温などの取り組みにご協力をお願いいたします。

営業時間
10:00~15:00
(食事の提供 11:00~14:00)
定休日 毎週水曜日
年末年始 12月25日~1月6日
お盆休み 令和元年8月14日~16日
所在地
ときがわ町大字椚平179番地2
交 通
町路線バス 
「日向根」バス停下車徒歩5分
指定管理者
泉原集いの会
お問い合わせ
TEL 0493-67-1571

 標高400mの山腹に位置する山村体験施設。地域に伝わるひもかわ(うどん)やきつね寿司などの郷土料理の体験や、木工体験などを楽しむことができます。施設の周囲には花の名所くぬぎの七曲(ななまがり)にある『越沢稲荷の大杉』や『砥石のヒノキ』『姥樫』などの貴重な巨木が多く残り、冬から夏にかけくぬぎの七曲ではロウバイ、花桃、ミツバツツジ等の7種の花、秋はシュウカイドウの可憐な花の姿を楽しむことができます。

【交通アクセス】
東武東上線武蔵嵐山駅(西口)から路線バス
武蔵嵐山駅⇒せせらぎバスセンター(乗換)⇒日向根(ひなたね)バス停下車徒歩約10分



5月から8月は冷たいつけ汁うどんでお待ちしています!!

暑い季節は冷たいつけ汁うどんをご用意しています。 冷汁ごまだれうどんはひもかわうどんに並びファンの多いメニューで 濃厚なごまだれが食欲をそそります。 地元産の材料でつくる山野草てんぷらは うどんのおともに欠かせない一品。 時期や収穫状況によって並ぶ山野草がかわるので 期間中は何度でも足を運んで、里山の春をご堪能ください。


【お土産にゆずジャムはいかが?】
くぬぎむら体験交流館のある椚平(くぬぎだいら)地区には
柚子の木が点在しています。
その果実を毎年11月下旬から12月下旬に収穫し、
じっくり煮詰めてジャムを作りました。
 
使っている柚子はすべて椚平産、
材料は柚子とお砂糖とはちみつだけ。
数量限定期間限定の販売なので
見かけたらぜひお試しください。
 
■原材料 柚子、砂糖、蜂蜜
■内容量 200g
■価格  550円


PDFファイルはこちら
くぬぎの花まつりポスター
ファイルサイズ:173KB
Adobe Readerを入手する
周辺施設のご案内及びお知らせ
建具会館
埼玉県一の生産量を誇るときがわ建具が展示されています。また売店には、木工小物や地元特産の農産物、町内在住陶芸家の作品・みやげ品などが品揃えされています。
霊山院
東国最古の禅寺といわれ、建久8年(1197)に慈光寺の塔頭として創建されたお寺です。
慈光寺
坂東三十三観音霊場第九番札所として、多くの参拝者が訪れるお寺です。
花の名所 くぬぎの七曲(ななまがり)
椚平に新たに花の名所が誕生しました。2~6月にかけて全7種の花が開花します。こちらにもぜひお立ち寄りください。
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
産業観光課
説明:■農林担当農林業の総合振興、農業農村整備事業及び土地改良施設、林道の新設改良・管理及び占有、中山間地域の事業促進、有害鳥獣の捕獲及び狩猟、火入れ許可、山村振興計画、町有林及び分収林、農産物・畜産・森林の病害虫防除防疫、緑の雇用創出事業など■商工担当商工業・観光の総合振興、商工観光団体の育成、観光資源の開発、勤労者福祉会館の管理、消費者行政など■地域振興担当建具会館・木のむらキャンプ場・いこいの里・大野特産物販売所・木のむら物産館・やすらぎの家・星と緑の創造センターの管理運営、温泉スタンドの維持管理、その他地域振興に関することなど
住所:355-0396 埼玉県比企郡ときがわ町大字桃木32番地
TEL:0493-65-1532
FAX:0493-65-3629
担当者:
施設のお問合せ・体験のご予約は
くぬぎむら体験交流館
Tel : 0493-67-1571